御所市の魅力

Charm of Gose City,Nara,Japan

御所市- "神々の降る里"御所市

奈良県御所市

御所まちは、江戸時代初期に形成された陣屋町です。その後も奈良中南部の中心地として繁栄を誇ってきました。御所まちは、一つの川をはさんで西岸には商業都市の西御所、東岸は寺内町の東御所と、二つの町が形成され、江戸時代の検地絵図がいまでも使えるほど、町のかたちはよく残っています。家々の間を流れる水路(背割り下水)まで、ほぼ当時の姿をとどめています。伝統的な建物がたくさん並ぶ風情ある街をぜひご覧ください。近世の町並みをベースに、明治・大正・昭和、そして平成という時間と生活の積み重ねがそこにあります。みなさんのお越しをお待ちしております。

御所市のみどころ

A100万本のツツジの大群落

葛城ロープウェイで山上駅へ上がり、15分ほど歩くと大阪平野が見渡せる360度のパノラマが広がります。 5月上旬~中旬には、眼下に「一目百万本」のつつじの群生が広がり、朱色に染まった山肌は圧巻です。 秋はススキ、冬は樹氷など四季を通じて自然を満喫できます。

観光案内

御所市観光ガイド

観光案内サイト

御所市の主要駅へのアクセス

タップで拡大

再会の奈良 - 撮影地: 御所市 (2019年)

中国人の老女が日本に住む孫娘のような存在のシャオザーを訪れ来日するところから物語は始まる。
老女には日本に帰した中国残留孤児の養女、麗華がいるが、ここ数年連絡が途絶えている。
心配で堪らず老女は麗華を探しに来日したもののシャオザーと二人でなかなか上手く手掛かりも掴め無かった。
そこへ、ひょんなことから元警察官の男一雄が現れる。この一雄との出会いによって麗華探しの旅は思わぬ
展開を始める。麗華探しに手をかす一雄はシャオザーに自身の娘の面影を重ね、麗華を想う老女、その老女を
想うシャオザー、この3人の不器用な旅は思わぬ終着点へと誘われていく。

映画情報詳細